セバスティアン・ヴァイグレ(指揮) 読売日本交響楽団

就任1年目の総決算にふさわしいヒーロー・プログラム


 2019年4月より読響の第10代常任指揮者に就任したセバスティアン・ヴァイグレ。記念すべきシーズンの掉尾を飾る3月の公演で、ヴァイグレはリヒャルト・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」を取り上げる。シュトラウスはワーグナーと並ぶヴァイグレ得意のレパートリー。精緻極まりないオーケストレーションで描かれる壮麗なスペクタクルを、ヴァイグレがどう料理するのか、注目が集まる。オーケストラの機能性を最大限に求める作品だけに、ヴァイグレと読響コンビの第1シーズンの総決算にふさわしいプログラムといえるだろう。

 そして、交響詩「英雄の生涯」に組み合わされるのが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。独奏を務めるのはたびたびの来日で日本の聴衆にもなじみ深いルーカス・ゲニューシャスだ。祖母に名教師ヴェーラ・ゴルノスターエワを持つ音楽一家の出身で、2010年のショパン国際コンクール第2位、15年のチャイコフスキー国際コンクール第2位など、輝かしいコンクール歴を誇る。すぐれたテクニシャンであり、古典から現代作品まできわめて幅広いレパートリーに挑む才人だ。
 ベートーヴェンの「皇帝」とシュトラウスの交響詩「英雄の生涯」。ともに壮大雄渾な曲想を持つヒーロー・プログラムを堪能したい。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2020年2月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(2/27主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

https://yomikyo.or.jp/news/#news-topics-12434


第225回 土曜マチネーシリーズ 
2020.3/14(土)
第225回 日曜マチネーシリーズ 
2020.3/15(日)
各日14:00 東京芸術劇場コンサートホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390 
https://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]