フレッシュ名曲コンサート ブリティッシュ・ナイト

英国音楽の魅力満載の一夜

 東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任して4年目を迎えているアンドレア・バッティストーニ。東京の新宿文化センターにおいては、ヴェルディの「レクイエム」やマーラーの「千人の交響曲」などで壮大な演奏を繰り広げてきた。このコンビと新宿文化センター合唱団が1月29日に取り上げるのは、ウィリアム・ウォルトンが旧約聖書にあるバビロン王の栄枯盛衰をスペクタクルに描いたオラトリオ「ベルシャザルの饗宴」だ。約35分、ブラスのバンダも含む大編成のオーケストラ、臨場感を演出するコーラスが大活躍するこの作品は、バッティストーニと東京フィルならではのアツい音楽が聴けるはずだ。青山貴(バリトン)の出演も嬉しい。吹奏楽でも人気が高いウォルトンの「スピットファイア」前奏曲とフーガ、エルガーの「威風堂々」第1番も演奏。さらには注目の若手チェリスト三井静がハイドンのチェロ協奏曲第1番を演奏して、コンサートを盛り上げる。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2020年2月号より)

2020.1/29(水)19:00 新宿文化センター
問:新宿文化センター03-3350-1141 
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]