【CD】ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲「幽霊」 他/ヘーデンボルク・トリオ

 オーストリアの兄弟トリオであるヘーデンボルク・トリオ。長男の和樹(ヴァイオリン)と次男の直樹(チェロ)はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員であり、室内楽奏者としても積極的に活動している。彼らの演奏は柔らかくも芯のある音色、各モティーフの関連が明快に聞こえる構築的な音楽づくり、多彩な歌い回しなどが魅力的だ。これを実現できるのにはもちろん三男の洋(ピアノ)の力も大きい。クラシック以外の音楽にも造詣が深い彼が、時折自由にパッセージを“遊び”、演奏にゆらぎを与えることで、安定感がありつつも豊かな表情を作り出すことに成功している。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲「幽霊」 他/ヘーデンボルク・トリオ』

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第5番「幽霊」・第6番

ヘーデンボルク・トリオ
【ユリアン・洋・ヘーデンボルク(ピアノ) ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(ヴァイオリン) ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)】

カメラータ・トウキョウ
CMCD-28368 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]