近藤伸子 ベートーヴェンシリーズⅡ Kondo Nobuko Plays Beethoven II “Pathétique”

若き日のソナタの瑞々しさと中期の傑作をじっくりと味わう

 解釈、演奏ともに難易度の高い現代音楽、そしてバッハの鍵盤作品を重要なレパートリーとして、堅実に実績を積んでいるピアニスト近藤伸子。2019年3月からは、新たな地平としてベートーヴェン作品のコンサートシリーズ「Kondo Nobuko Plays Beethoven」を始動。12月26日の第2回は、ベートーヴェンがウィーンに出たばかりの頃に作曲した、瑞々しさの光るピアノ・ソナタ第2番、第3番、ピアニストとしての頭角を現し始めた頃の第7番、8番「悲愴」という、ウィーン時代初期の4つのソナタが披露される。またこのシリーズでは、ピアノを含む室内楽作品が演奏されるのも大きな魅力だ。今回は名チェリスト河野文昭を迎え、「チェロの新約聖書」とも称されるチェロ・ソナタ第3番を取り上げる。明晰かつ叙情的な近藤の読み解きのもと、ベートーヴェンの音楽が今、生誕250年を目前に次々と紐解かれていく。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/26(木)19:00 東京文化会館(小)
問:東京コンサーツ03-3200-9755 
http://www.tokyo-concerts.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]