サンクトペテルブルグ室内合奏団 クリスマス/アヴェ・マリア

クリスマスへの期待を胸に、甘い音楽で心を平和に


 クリスマス前のヨーロッパには、独特の静けさが漂う。クリスマスマーケットのきらめきは華やかだが、教会ではキリストの誕生を表す人形飾り「クリッペ」が蝋燭の灯にゆらめく。コンサートでも、静謐な作品が好まれる時期でもある。

 サンクトペテルブルグ室内合奏団のクリスマス・コンサートは、この時期に耳を傾けたい名曲ぞろいである。聖母マリアへの祈りである「アヴェ・マリア」3曲の聴き比べをはじめ、バッハ、ヴィヴァルディ、ヘンデルの名曲、そしてプッチーニの名アリアまで、美しくまた晴れやかな音楽が並んでいる。一年の疲れを癒すのにも、うってつけではないだろうか。

 サンクトペテルブルグ室内合奏団は、1990年代にサンクトペテルブルグ音楽院出身のメンバーで結成され、瞬く間に国際的な評価を確立した。室内合奏団と言いながらクァルテットのように柔軟性があり、美しくフレッシュな音色を持つ。ロシアのソプラノたちの歌唱も相まって、心に染みるコンサートになることは間違いない。
文:加藤浩子
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/8(日)、12/14(土)、12/15(日)、12/24(火)、12/25(水)東京オペラシティ コンサートホール
12/18(水) 東京文化会館 
12/22(日) 横浜みなとみらいホール
問:光藍社チケットセンター050-3776-6184 
https://www.koransha.com/
※全国公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]