下野竜也(指揮) 読売日本交響楽団

人気の上野耕平も登場、意欲的な選曲で攻める!


 刺激的なプログラムが続く読響定期演奏会。2020年1月は、17年3月まで読響の首席客演指揮者を務め、現在広島交響楽団音楽総監督の下野竜也が、約3年ぶりに日本初演2作品を含むこだわりの選曲で登場する。

 ショスタコーヴィチ「エレジー」で始まり、現代アメリカを代表する作曲家ジョン・アダムズ「サクソフォン協奏曲」(2013)では、人気上昇中の若手、上野耕平をソリストに迎える。アダムズと言えば、15年に代表作「ハルモニーレーレ」を下野が日本初演以来29年ぶりに読響で取り上げて話題を集めた。今回の「サクソフォン協奏曲」は、子どもの頃からジャズの巨匠たちのレコードを聴いてきたアダムズがそれらを手本に作曲。チャーリー・パーカーのメロディやスタン・ゲッツへのオマージュなど、ジャズの要素満載である。サクソフォンが華やかに駆け巡り、即興風の楽想や超絶技巧が炸裂するこの作品。明晰な音と類まれな技巧、豊かな音楽性で、国内のみならず国際的にも高く評価される上野の、縦横無尽な演奏も大注目だ。

 後半の、アメリカのフェルドマン「On Time and the Instrumental Factor」(1969)とロシアの女性作曲家グバイドゥーリナ「ペスト流行時の酒宴」(2005)はともに日本初演。フェルドマンでは静的な音響が揺れ動き、06年にラトルがフィラデルフィア管と世界初演したグバイドゥーリナの作品は、堅牢な響きの迫力に圧倒されるが、そこに浮かぶ旋律は美しい。パワフルな読響と下野の情熱の指揮。新しい音楽との出会いには最高の組み合わせである。
文:柴辻純子
(ぶらあぼ2019年12月号より)

第594回 定期演奏会 
2020.1/15(水)19:00 サントリーホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390
https://yomikyo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]