【CD】カプースチン:ピアノ協奏曲 第5番、六重奏曲 他/川上昌裕

 日本を代表するカプースチンのスペシャリスト、川上昌裕によるピアノ作品全曲録音の第3弾である。今回はピアノ協奏曲と室内楽(全曲世界初録音)というプログラムであり、非常に歴史的価値の高い内容だ。もちろん、重要なのは曲目だけではない。川上はカプースチンの音楽に求められる躍動感あふれるリズム、次々に変化する楽想に対応し、多様なニュアンスを聞かせる音色を兼ね備えており、彼自身の技量も存分に見せつけることに成功している。それにしても、ビッグ・バンドを聴いているような「ピアノ協奏曲第5番」は今後、演奏機会が増えていくのではないか。非常に魅力的な作品である。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『カプースチン:ピアノ協奏曲 第5番、六重奏曲 他/川上昌裕』

カプースチン:ピアノ協奏曲第5番、10のインヴェンション、カプリチオ、六重奏曲「イントラーダとフィナーレ」

川上昌裕(ピアノ) 大塚茜(フルート) 吉川直貴(オーボエ) 菊池武文(ヴィオラ) 佐藤洋嗣(コントラバス) 重本遼大郎(ドラム) 飯森範親(指揮) 日本センチュリー交響楽団

収録:2018年11月、ザ・シンフォニーホール(ライヴ) 他
オクタヴィア・レコード
OVCT-00163 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]