【CD】ランディーニ:わが愛しの女よ〜バッラータの世界〜/アントネッロ

 溢れ出る創意によって、古の音楽に新たな生命を与える精鋭集団「アントネッロ」。彼らが、14世紀イタリアを代表する詩人で音楽家でもある、フランチェスコ・ランディーニのバッラータを中心に取り上げた録音(1998年)の高音質リマスター盤。「バッラータ」とは本来、厳格な拍や脚韻に基づく詩の形式の一種で、これに作曲されたものも同名で呼ばれる。時に清冽、時に悲愴、時に艶めかしい鈴木美登里の歌声。濱田芳通はじめ、管弦の名手たちがしなやかに操る、変幻自在な音色。そして、武久源造が紡ぐ、オルガネットの素朴な味わい。リアルな手触りで、聴く者を600年前の街角へ誘う。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『ランディーニ:わが愛しの女よ〜バッラータの世界〜/アントネッロ』

ランディーニ:わが愛しの女よ、麗しき美しさに、私の悲しい眼よ、希望を追うために、眼には大粒の涙、想いに耽って/作曲者不詳:イスタンピッタ「喜びの始まり」 他

アントネッロ
【鈴木美登里(ソプラノ) 石川かおり(フィーデル) 西山まりえ(オルガネット/ハープ/ソプラノ) 星野麗(レベック) 武久源造(オルガネット) 永田平八(中世リュート) 濱田芳通(コルネット/リコーダー/スライド・トランペット)】

マイスター・ミュージック
MH-4066 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]