【CD】セレンディピティ ピアノ連弾作品集/大森ひろみ&佐藤祐介

 16歳で渡米して研鑽を積み、若くしてデビューを果たし帰国後も多方面で活躍をみせる大森ひろみと、14歳より本格的なレッスンを始めた型破りで、多種多様な音楽を境界線なく扱う感性で人気を集める佐藤祐介。師弟関係にあるピアニスト2人が4手連弾の名曲を鮮烈に紡いだ一枚。ハンガリーのクルタークが1973年から書き重ねている小品を始曲と終曲に据え、彼の編曲によるバッハの静謐なコラール3曲を核にして、ロシアのローゼンブラットや米国のコリリアーノ、英国のベネットらの現代曲を散りばめつつ、古典や民族音楽からジャズへと続く流れさえも語っている。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年11月号より)

【information】
CD『セレンディピティ ピアノ連弾作品集/大森ひろみ&佐藤祐介』

クルターク:「ヤーテーコック 第8集」より〈花、人のように…〉/ローゼンブラット:2つのロシア民謡によるコンチェルティーノ/コリリアーノ:ガゼボ舞曲集/J.S.バッハ(クルターク編):われらまさにキリストを讃うべし、深き苦しみの淵よりわれ汝に呼ばわる、「神の時こそ、いと良き時」より〈ソナティーナ〉/ベネット:カプリッチョ 他

大森ひろみ、佐藤祐介(ピアノ)

録音研究室(レック・ラボ)
NIKU-9022 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]