向山佳絵子 & 長谷川陽子 プロデュース チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ〜 vol.6(最終回)

次世代へと受け継がれるチェリストの系譜

 共に国内外のコンクールで優れた成績を収め、世界を代表するオーケストラとの共演や各国の音楽祭への招待、メディア出演など、第一線で活躍するチェリストの向山佳絵子と長谷川陽子。二人は自身の活躍はもちろんのこと、それぞれが音楽大学で後進の指導にもあたり、バッハへの熱い想いと、世代の異なるチェリストの交流を目的として「チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ〜」をプロデュース、出演してきた。

 今回は、日本音楽コンクール及びARDミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門で葵トリオの一員として第1位を受賞、現在はザルツブルクを拠点に活躍する伊東裕、ロシアの若い音楽家のためのコンクール「くるみ割り人形」銅賞受賞などで注目を集める2005年生まれの新星・鳥羽咲音(さくら)が出演。輝く若い才能を見せる。今最も注目されている作曲家の一人である酒井健治による新作、向山と東京都交響楽団奏者の長谷部一郎による共演など、聴きどころ盛りだくさんのチェロ・アンサンブルの最終回をぜひ見届けてほしい。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年10月号より)

2019.11/13(水)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]