新国立劇場 チャイコフスキー《エウゲニ・オネーギン》(新制作)

新シーズン開幕にふさわしい心揺さぶるドラマ

 大野和士芸術監督の第2シーズンは、チャイコフスキーの《エウゲニ・オネーギン》新制作で開幕する。レパートリーの拡充を進める大野監督の主導で、新国立劇場の演目としては、実に19年ぶりの上演。深い心理描写とドラマ性が際立つこのオペラは、ロシアの文豪プーシキンの韻文小説とチャイコフスキーの美しく叙情的な音楽が結びついた傑作である。

 演出は、モスクワ・ヘリコン・オペラの芸術監督ドミトリー・ベルトマン。ロシアの俳優で演出家のスタニスラフスキーの、1922年の演出をモティーフに現代的な視点を加えた、ロシア演劇の伝統を受け継ぐプロダクションだ。

 苦悩する若き貴族オネーギンを演じるのは、ボリショイ劇場をはじめ、メトロポリタン歌劇場やミラノ・スカラ座等で活躍中の“オネーギン歌い”ワシリー・ラデューク。オネーギンに一途な想いを寄せる(第1幕〈手紙の歌〉)も失恋。その後、美しい女性へと成長するタチヤーナ役は、ザルツブルク音楽祭で大成功を収めたエフゲニア・ムラーヴェワ。オネーギンと決闘するレンスキー役は若手パーヴェル・コルガーティン。いまが旬のロシア人歌手たちが集結し、鳥木弥生、森山京子、竹本節子ら日本の実力派歌手たちが加わる豪華な布陣だ。

 そして、ポーランド国立歌劇場音楽監督のアンドリー・ユルケヴィチの情熱的な指揮が舞台全体を引き締める。新シーズンも新国は開幕から見逃せない。今秋イチオシの公演だ!
文:柴辻純子
(ぶらあぼ2019年10月号より)

2019.10/1(火)18:30
10/3(木)14:00
10/6(日)14:00
10/9(水)18:30
10/12(土)14:00 新国立劇場 オペラパレス
問:新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999 
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]