【CD】ヘンデル:歌劇《シッラ》/ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ

 知られざるバロック・オペラに光を当てる、ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテのヘンデル・プロジェクト。第2弾は、ロンドン時代の第4作《シッラ》(1713年)を取り上げた。自らの欲望のためには人の心をも踏みにじる、古代ローマの背徳の暴君が題材だけに、作品の価値に疑問を呈する研究者も。しかし、実際にはヘンデルらしい音楽的な魅力に溢れ、とりわけアリアは名旋律の宝庫だ。当録音では、器楽・声楽とも骨太かつ端正な快演で、その美点を余さず表現。シッラに対抗する“愛と良心の化身”とも言うべき、騎士クラウディオ役のマルティナ・ベッリの名唱が、特に光る。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年10月号より)

【information】
CD『ヘンデル:歌劇《シッラ》/ファビオ・ビオンディ&エウローパ・ガランテ』

ヘンデル:歌劇《シッラ》

ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン/指揮)
ソニア・プリナ(コントラルト)
マルティナ・ベッリ ヴィヴィカ・ジュノー(以上メゾソプラノ)
スンヘ・イム ロベルタ・インヴェルニッツィ(以上ソプラノ)
ルカ・ティトット(バス)
エウローパ・ガランテ 他

GLOSSA/東京エムプラス
OGCD923408(2枚組) ¥4000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]