【CD】ユーフォニアムとピアノのためのファンタジー/庄司恵子

 シエナ・ウインド・オーケストラのユーフォニアム奏者の初のソロ・アルバム。オリジナル曲、それに準ずるサクソルン・バス等の作品から、古典派のコントラバス協奏曲や内外の歌の編曲まで、多彩な内容で吹奏楽の花形楽器の魅力を堪能させる。全体に共通するのは、同楽器の大きな美点である“まろやかな音色による「歌」”。過剰なアピールを伴わない自然な歌いまわしが、一般に知られていない作品にも説得力をもたらしている。中でもスパークの「ソング・フォー・イナ」の優しさが印象的。最後に置かれた名歌2曲も、的確なピアノと相まって聴く者を酔わせる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
CD『ユーフォニアムとピアノのためのファンタジー/庄司恵子』

保科洋:ユーフォニアムとピアノのためのファンタジー/R.デュハースト:パナシェ/G.リチャーズ:ミッドナイト・ユーフォニアム/P.スパーク:ソング・フォー・イナ/J.セムラー=コルリー:舟歌と酒歌/ドヴォルザーク:わが母の教えたまいし歌/いずみたく:見上げてごらん夜の星を 他

庄司恵子(ユーフォニアム)
中村純子(ピアノ)

マイスター・ミュージック
MM-4062 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]