ベルリン古楽アカデミー・オーケストラ × ソフィー・カルトホイザー(ソプラノ)

ベルギーの歌姫を迎えてヘンデルの秘曲カンタータなど内容満載


 ドイツを代表するピリオド楽器アンサンブルとして、先鋭的な活動を展開するベルリン古楽アカデミー・オーケストラ(Akamus)の待望の来日が、約3年ぶりに実現。ヨーロッパで今、最も輝きを放つソプラノ、ソフィー・カルトホイザーの共演を得て、ヘンデルのカンタータ「愛の妄想-あの宿命の日から」をはじめ、興味深いラインナップを披露する。

 1982年の創設以来、累計で100万枚以上のアルバムを売り上げるなど、常に古楽シーンを国際的にリードし続けてきたAkamus。かたや、ベルギー出身のカルトホイザーは、デビュー以来、透明感ある美声と彫りの深い表現力を武器に、オペラや宗教作品の檜舞台で、目覚ましい活躍を続けている。

 「愛の妄想」は、ヘンデルがイタリア留学中だった22歳の時に作曲。劇的で魅力的な旋律に溢れ、オペラを思わせる傑作ながら、声楽・器楽ともに非常に高い技巧が要求されるため、我が国では上演の機会には恵まれてこなかった。それだけに、この“知られざる大作”は、いかにも両者の共演にふさわしい。

 これに先立って披露されるのは、大バッハの“はとこ”にあたるヨハン・ベルンハルト・バッハの「管弦楽組曲第1番」。大バッハ本人も、自ら率いたアンサンブル「コレギウム・ムジクム」の演奏会で取り上げた佳品だ。さらに、Akamusが誇る首席オーボエ奏者、クセニア・レフラーをフィーチャー。バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの「オーボエ協奏曲 変ロ長調」を、艶やかな音色で紡ぐ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.9/29(日)15:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]