クァルテット・ウィークエンド 2019-2020 アマリリス弦楽四重奏団

3つの世紀の逸品で実力を遺憾なく発揮

C)Tobias Wirth

 ドイツを中心に充実した活動を続け、欧州の名ホールの数々にも出演を重ねるアマリリス弦楽四重奏団が、7年ぶりの来日公演を行う。2011年、「パオロ・ボルチアーニ賞」国際弦楽四重奏コンクールの順位なしのファイナリスト、メルボルン国際室内楽コンクールで第1位を獲得。師事したアルバン・ベルク弦楽四重奏団の特徴も受け継ぎ、近現代ものを積極的に取り入れるスタンス、現代的なシャープさと共に歌心も忘れない演奏が魅力だ。16年4月からはヴィオラに世界で活躍する名手、赤坂智子が加入。今回は現メンバーでの初来日となり、さらに注目を集めている。

 演目はモーツァルト「不協和音」とチャイコフスキー第1番という超名作の間に、尖鋭極まりない20世紀のルトスワフスキ作品が挟まれる、聴き応え十分の3曲。「不協和音」は赤坂が加わって最初の録音曲であり、ルトスワフスキは「クァルテットの主要レパートリーになっていくはず」と思い入れは深い。いまの彼らの名刺代わりの演目で、その名技を味わう。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.9/28(土)14:00 第一生命ホール
問:トリトンアーツ・チケットデスク03-3532-5702
https://www.triton-arts.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]