【CD】J.S.バッハ:無伴奏ヴィオラ(チェロ)組曲〈Vol.2〉/ヴォルフガング・ヴェルファー

 内に秘めた情熱が後押しする推進力と、静謐さが同居する快演だ。ヴォルフガング・ヴェルファーは、名巨ザハール・ブロン門下で唯一のヴィオリストにして、ウィーン・フィルでも活躍した名手。バッハの無伴奏チェロ組曲のヴィオラ版の録音は、第1〜3番を既に3年前に発表しており、当盤で完結の運びに。しっかり弓圧をかけた明瞭な発音を基本として、音符ごとに精緻な表現を織り込む。あるいは、ルバートしたい場面も、あえてインテンポで。機動力に勝る楽器の特性を生かした、きびきびとした音楽創りに磨きがかかり、「ヴィオラで弾くこと」の意義が、より明確に示されている。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
CD『J.S.バッハ:無伴奏ヴィオラ(チェロ)組曲〈Vol.2〉/ヴォルフガング・ヴェルファー』

J.S.バッハ:無伴奏ヴィオラ(チェロ)組曲第4番〜第6番

ヴォルフガング・ヴェルファー(ヴィオラ)

ナミ・レコード
WWCC-7898 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]