【CD】ビオラは歌う3/須田祥子

 国内屈指の名ヴィオリストで、東京フィルの首席奏者としてもおなじみの須田祥子。彼女の名技と楽器への愛が詰まった「ビオラは歌う」シリーズ第3弾。シューベルトや日本の歌の深い味わいに、ヴィオラこそ人間の声に近いのだと実感。「魔王」の変幻自在の音色も凄い。「ロメオとジュリエット」は新発見のヴィオラ作品に出会えたような喜びを覚える、名編曲。特に抒情的な〈前奏曲〉〈バルコニーの情景〉はこちらが原曲?と錯覚するほど美しく感動的。クラークのソナタは、技巧的ながらも歌に満ちる名品。松本望の絶妙なピアノと、温もりある名録音も特筆したい。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
CD『ビオラは歌う3/須田祥子』

シューベルト:魔王、君こそは憩い/プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」より/小林秀雄:落葉松/レベッカ・クラーク:ヴィオラ・ソナタ/山田耕筰:赤とんぼ

須田祥子(ヴィオラ)
松本望(ピアノ)

N&F
MF25903 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]