【CD】R.シュトラウス歌曲集/小森輝彦

 アルテンブルク・ゲラ市立歌劇場を中心に欧州で活躍し、邦人初のドイツ宮廷歌手の称号を得て帰国。日本のオペラ界を担うバリトンが、R.シュトラウス歌曲の網羅的録音リリースの夢を叶えた2枚組。多くが後に妻となるパウリーネの歌唱を前提に作曲され、ソプラノ歌唱が一般的なこのドイツ歌曲最後の輝きに、思いがけない魅惑の視点が加わった。名高い〈献呈〉や〈あすの朝〉は甘美で官能的な旋律の世界はそのままに、よりプライベートな心の内面を露わにした“愛の詩”に高められている。円熟期を飾る〈ひどいお天気〉の叙景的な歌もよりリアルに心に迫ってくる。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
CD『R.シュトラウス歌曲集/小森輝彦』

R.シュトラウス:献呈、忍耐、万霊節、帰郷、セレナード、ぼくの考えのすべて、あすの朝、黄昏のかなたの夢、ぼくは愛を抱く、愛の讃歌、ばらのリボン、君を愛す、解き放たれて、子守歌、さまよう心、みつけたものは、あなたの蒼い瞳で、星、ひどいお天気 他

小森輝彦(バリトン)
井出德彦(ピアノ)

日本アコースティックレコーズ
NARD-5065/6(2枚組) ¥4000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]