小川典子ピアノ・リサイタル 「ミューザと歩んだ15年」

15年の軌跡を思い出の楽曲と共に振り返る

©武藤 章

 英国と日本を拠点に世界的に活躍するピアニスト小川典子。ミューザ川崎シンフォニーホールのホールアドバイザーとして、これまで多彩な企画・演奏で多くの聴衆を魅了してきた。オール・ピアノ・コンチェルトのコンサートをはじめ、ベートーヴェンやモーツァルト、そしてドビュッシーの作品を集めたコンサート、同ホールを丸一日ジャックして行う「Noriko’s Day」など、意欲的かつアイディアに富んだ数々の公演は、このホールを見事に盛り上げている。小川とミューザ川崎の関係も今年で15年目。「ミューザと歩んだ15年」と題して行う今回のコンサートは、これまで小川が同ホールで行ってきた公演で重要な役割を果たしてきたモーツァルト(K.331)やベートーヴェンの「熱情」ソナタをはじめ、彼女が初演を務めた菅野由弘の「水の粒子〜ピアノと明珍火箸のための」、ジョセフ・フィブスの「NORIKOのためのセレナータ」なども演奏される。小川とミューザ川崎のタッグを愛する人々はもちろん、名曲や秘曲好きの方も存分に楽しめる内容となっている。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.9/28(土)14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
問:ミューザ川崎シンフォニーホール044-520-0200
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]