4人のバリトンコンサート ハンサムなメロディー

歌曲、オペラ、ミュージカルのナンバーで“男前”な美声を堪能


 めぐろパーシモンホールに9月、二期会の誇る4人の魅力的なバリトンが集結。昨年、サントリーホールでのホワイトデーコンサートでも好評を博した同じ顔ぶれであり、いずれも声の実力はもちろんのこと、その華やかな佇まいでも人気を集めるスター揃い。今回もオペラやミュージカルの名曲が盛り沢山だが、まず第1部ではそれぞれがお気に入りの歌曲を披露。そして第2部で《セヴィリアの理髪師》のフィガロ登場のアリア〈私は街の何でも屋〉を陽気に歌い上げた加耒徹が第4部では〈ムーンリバー〉をしっとりと、パパゲーノの〈オイラは鳥刺し〉でコミカルな味を見せた近藤圭が《ガイズ&ドールズ》の〈運命よ、今夜は女神らしく〉でムーディに迫る。また今年、オペラ《金閣寺》で主役の溝口役をダブルキャストで演じた二人にも注目。宮本益光は《メリー・ウィドウ》よりダニロ伯爵の〈祖国のためなら〉と《マイ・フェア・レディ》の〈君住む街角〉をダンディーかつロマンティックに、与那城敬は《カルメン》の〈闘牛士の歌〉に《レ・ミゼラブル》の〈星よ〉と、より男っぽい路線で魅了してくれるはず。加えて、ピアノ演奏を担当する人気作曲家・加藤昌則の歌曲に、本人の伴奏でそれぞれが取り組む第3部も楽しみ。最後に全員で名曲〈もしも歌がなかったら〉を歌うのも聴き逃せない。さらに当日は「handsome弦楽四重奏」として、神奈川フィルのコンサートマスターを務める﨑谷直人らが豊かな彩りを添える。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.9/22(日)15:00 めぐろパーシモンホール
問:めぐろパーシモンホールチケットセンター03-5701-2904
https://www.persimmon.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]