夏休み子ども音楽会2019

今年の夏は親子でオペラ!


 上野にあるクラシック音楽の殿堂・東京文化会館が毎年、夏休みの子どもたちに向けて開催する恒例企画が「夏休み子ども音楽会」(小学生以上対象)。東京都交響楽団の演奏する名曲たちを解説付きで堪能できる本格派のコンサートだ。

 親子でも楽しめる約1時間のプログラムだが、実は大人だけで来場している音楽ファンも結構多いのだとか。今年はイタリアものを中心にオペラの世界をたっぷりと。指揮&トークを担当するのは、20世紀の巨匠カラヤンのアシスタントとして活躍した(ベルリン・フィルの演奏会では急病になったマエストロの代役をジーンズ姿で務めて話題となった)山下一史。モーツァルト《フィガロの結婚》序曲やヴェルディ《アイーダ》の凱旋行進曲、ロッシーニ《ウィリアム・テル》序曲など、前回の東京オリンピックの記念文化事業として1965年に設立された経緯を持つ都響が演奏することで祝祭的な雰囲気も漂う名テーマが勢揃い。加えてプッチーニ《ジャンニ・スキッキ》と《トゥーランドット》からの名アリアを、それぞれ東京音楽コンクール入賞者である、ソプラノの種谷典子とテノールの宮里直樹が受けもつのも楽しみだ。

 このコンサートは、上野の森でぞんぶんに音楽を楽しめる「UENO music HOLIDAY」の一環。当日は、東京文化会館内で未就学児を含む子どもを対象とした参加型ワークショップが複数開催されるほか、ロビーでは上野動物園への無料入園をはじめ周辺エリアの美術館や博物館と連携したお得な「上野1dayパス」への引き換えも実施(音楽会のチケット提示が必要)されるので、こちらもぜひチェックを!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年6月号より)

2019.8/4(日)13:00 東京文化会館
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
https://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]