第486回 日経ミューズサロン チホ・ハン ピアノ・リサイタル

気鋭の俊英ピアニストが紡ぐ渾身の演奏に、音楽の未来を聴く


 “世界最難関”と目されるミュンヘン国際音楽コンクールで、5年前に最高位入賞を果たし、バイエルン放送響やサンクトペテルブルク響など、世界の一流オーケストラと共演、その類い稀な才能を迸らせる名演を重ねているチホ・ハン。
 韓国・ソウル出身でドイツ・ハノーファー音楽・演劇大学などに学び、エリーザベト王妃やシューベルト国際など、主要コンクールでも上位入賞。ウィーン楽友協会ホール、ラインガウ音楽祭ほか、世界各地の檜舞台に出演するなど、いま最も注目されている若手奏者の1人だ。

 日経ミューズサロンでのリサイタルは、ベートーヴェンの第31番とラフマニノフの第2番、2つの名ソナタとラヴェル「ラ・ヴァルス」を柱に。さらに、「24の前奏曲」から第20番と第23番をもう一方の枠組みとして、「前奏曲嬰ハ短調」「夜想曲第7、8番」「ポロネーズ第5番」と得意のショパンの傑作を配した、贅沢なプログラムを披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年6月号より)

2019.7/12(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227 
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]