広上淳一(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

イギリスの息吹を感じさせる独創的な選曲で


 あなたがもしイギリスの文化や芸術に関心を抱き、大都市ロンドンや、湖水地方やコッツウォルズをはじめとするカントリーサイドの大自然を愛する人ならば、日本フィルの7月定期演奏会(広上淳一指揮)は幸福な時間を約束してくれることだろう。イギリスの作曲家、ロンドンの栄光を讃えた交響曲などが並ぶラインナップは、まさに英国讃歌といえるプログラムだからだ。

 合唱界ではおなじみのジョン・ラターによる「弦楽のための組曲」は、有名な民謡の旋律などを引用しており、弦楽作品王国であるイギリスらしい優しさに満ちた音楽。約10分ほどのミニ・ピアノ協奏曲であるジェラルド・フィンジの「エクローグ」は、新緑が豊かな自然の中で爽快な風が吹いているような作品(ピアノ:小山実稚恵)。そして名匠カルロス・クライバーがなぜかレパートリーに加えていたジョージ・バターワースの「2つのイギリス田園詩曲」は、まさに穏やかな田園風景を音楽で描いた愛らしい管弦楽曲なのだ。

 これらに加え、大都会であるロンドンの活気を連想させるハイドンの交響曲第104番と、ゲストの小山が主役となるJ.S.バッハのピアノ(チェンバロ)協奏曲第3番を。音符に命を吹き込む広上の指揮、北ヨーロッパの響きを知る日本フィルの演奏で、未知の作曲家と音楽に親しみをおぼえるはず。初夏の暑さが気になる7月中旬、心を和ませてくれるコンサートになることだろう。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2019年6月号より)

第712回 東京定期演奏会 
2019.7/12(金)19:00、7/13(土)14:00 サントリーホール
問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911 
https://www.japanphil.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]