プラシド・ドミンゴ氏らが受賞 第25回世界文化賞 

芸術文化の発展に寄与した世界の優れた芸術家を顕彰する第25回「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の授賞式が16日、東京・元赤坂の明治記念館で行われた。授賞式には同協会総裁の常陸宮ご夫妻、同賞の国際顧問の中曽根康弘元首相らが出席。「キング・オブ・オペラ」と称賛される世界的テノール歌手のドミンゴさんら5人にメダルと賞金各1500万円が贈られた。

「高松宮殿下記念世界文化賞」は、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与される。

第25回高松宮殿下記念世界文化賞の顕彰メダルを常陸宮殿下から授与された「音楽部門」のプラシド・ドミンゴさん

【受賞者】
▽絵画部門=ミケランジェロ・ピストレット(80)〈イタリア〉
▽彫刻部門=アントニー・ゴームリー(63)〈イギリス〉
▽建築部門=デイヴィッド・チッパーフィールド(59)〈イギリス〉
▽音楽部門=プラシド・ドミンゴ(72)〈スペイン〉
▽演劇・映像部門=フランシス・フォード・コッポラ(74)〈アメリカ〉

プラシド・ドミンゴ(中央)『シモン・ボッカネグラ』2010年METライブビューイングから
(c)2013 Marty Sohl/ Metropolitan Opera

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]