プラシド・ドミンゴ氏らが受賞 第25回世界文化賞 

芸術文化の発展に寄与した世界の優れた芸術家を顕彰する第25回「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の授賞式が16日、東京・元赤坂の明治記念館で行われた。授賞式には同協会総裁の常陸宮ご夫妻、同賞の国際顧問の中曽根康弘元首相らが出席。「キング・オブ・オペラ」と称賛される世界的テノール歌手のドミンゴさんら5人にメダルと賞金各1500万円が贈られた。

「高松宮殿下記念世界文化賞」は、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の各分野で、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に毎年授与される。

第25回高松宮殿下記念世界文化賞の顕彰メダルを常陸宮殿下から授与された「音楽部門」のプラシド・ドミンゴさん

【受賞者】
▽絵画部門=ミケランジェロ・ピストレット(80)〈イタリア〉
▽彫刻部門=アントニー・ゴームリー(63)〈イギリス〉
▽建築部門=デイヴィッド・チッパーフィールド(59)〈イギリス〉
▽音楽部門=プラシド・ドミンゴ(72)〈スペイン〉
▽演劇・映像部門=フランシス・フォード・コッポラ(74)〈アメリカ〉

プラシド・ドミンゴ(中央)『シモン・ボッカネグラ』2010年METライブビューイングから
(c)2013 Marty Sohl/ Metropolitan Opera

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]