ピエール・ドゥモソー(指揮) オーケストラ・アンサンブル金沢

若きシェフがもたらすフレンチのフルコース

C)N.Colmez

 ピエール・ドゥモソーは、新進気鋭のフランスの指揮者。パリ国立高等音楽院に学び、2017年には第1回ワロン王立歌劇場オペラ指揮者コンクールで最高位(2位)を獲得。パリ国立歌劇場などで研鑽を積み、アシスタント・コンダクターだったボルドー・アキテーヌ国立管では、アラン・ロンバールの代役を見事にこなし、好評を得た。

 そんな俊英が初来日し、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の指揮台に立つ。OEKでは昨年9月、鬼才マルク・ミンコフスキが芸術監督に就任し、大きな話題に。実はドゥモソーはミンコフスキのアシスタントを務めた経験があり、その実績も認められての抜擢となった。

 18世紀から現代まで幅広いレパートリーを擁する彼だが、今回はオネゲル「夏の牧歌」、ジャン・クラ「子供の心」、フォーレの劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」組曲、ルーセルのバレエ音楽「蜘蛛の饗宴」と、近代フランスの管弦楽作品を披露。ほぼ同時代ながら、全く異なる色彩を湛える4曲を、どう料理してゆくのか。非常に興味深い。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年6月号より)

第415回 定期公演マイスター・シリーズ
2019.6/8(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
問:石川県立音楽堂チケットボックス076-232-8632 
http://www.oek.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]