読響 × アプリコ 大友直人 歓喜のブラームス

名匠と旬の若手ピアニストが共演!

 蒲田駅近くに立地する大田区民ホール・アプリコ。読売日本交響楽団との事業協定で「読響×アプリコ シリーズ」を毎年開催し、他では聴けない企画を続けている。今回は大友直人の指揮でブラームスの交響曲第1番。大友は誠実な音楽創りを重ね、この3月まで群馬交響楽団の音楽監督を務めるなど充実期にあり、読響の底力を引き出した堂々たるブラームスが聴けるはず。

 演奏会前半、ショパンのピアノ協奏曲第1番はさらに注目を集めそう。1997年生まれの中国出身のピアニスト、牛牛(ニュウニュウ)が登場するのだ。6歳でデビュー、10歳からメジャーレーベルと契約する俊才。さらに、アニメ『ピアノの森』(NHK総合テレビ)で、クールな天才パン・ウェイの演奏音源を担当していることも話題となっている。アニメではショパン・コンクールが主な舞台だが、牛牛自身はコンクールでキャリアを積まず、自身の名技と音楽性だけで世界を飛び回る名手に成長した。今まさに旬の牛牛のショパン、聴き逃せない。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.6/29(土)15:00 大田区民ホール・アプリコ
問:アプリコチケット専用電話03-3750-1555 
https://www.ota-bunka.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]