第485回 日経ミューズサロン ロシア文化フェスティバル2019 IN JAPAN 国立モスクワ音楽院室内合唱団

伝統に培われた多彩で奥深い表現力

 
 帝政時代からソヴィエト、そして現代へ。脈々と受け継がれる「合唱大国ロシア」の伝統の真髄に触れるステージだ。
 1866年に創設された、名門・チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院。国立モスクワ音楽院室内合唱団は、合唱の権威ボリス・テヴリン教授のもと、合唱指揮科の所属学生や大学院生、卒業生から精鋭を選りすぐり、1994年に結成された。現代に至る自国の作品のみならず、諸外国の作品や民俗音楽、ポピュラー音楽まで、幅広くレパートリーに。繊細かつ密度の濃いアンサンブルで、国際的なコンクールでの優勝も数多い。

 テヴリンの愛弟子、アレクサンドル・ソロヴィヨフに率いられ、6度目となる来日。第1部「古典と現代」では、スクリャービンやラフマニノフなど自国の佳品に、モーツァルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」ほか、国境を越えた古典の傑作も。第2部「外国音楽傑作集」は、ピアノの日高志野らを伴ってのロッシーニ「小荘厳ミサ」(抜粋)から黒人霊歌まで、多彩で奥深い、世界の合唱音楽を紹介する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.6/28(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]