村田 望(ソプラノ) ヴォーカルリサイタル Vol.10

バッハのカンタータからオペレッタ、ミュージカルまで色とりどりの歌を

 モーツァルトのオペラへの出演から、宗教曲やオラトリオのソリスト、ミュージカルなど、幅広い舞台経験を持ちつつ、フリーアナウンサーとしてテレビやラジオのパーソナリティ、ナレーションなどでもマルチな才能を発揮するソプラノ、村田望。これまでに神奈川県民ホールを舞台にさまざまなテーマでソロ・リサイタルを隔年開催し、その多彩なプログラムで注目を集めてきた彼女だが、第10回目の内容もかなり魅力的。バッハのカンタータからヴェルディのオペラを経て、オッフェンバックのオペレッタやヴァイルの《三文オペラ》の世界に。そこから一気にミュージカルの扉を開いて、後半はソンドハイムやロイド・ウェバー作品のオンパレードに、果ては通好みのジェリー・ハーマン『ラ・カージュ・オ・フォール』からのナンバーまで盛り沢山。オルガン(早川幸子)やピアノ(中澤美紀)のソロも挟みつつ、オペラ・ハウスやブロードウェイの華やかな雰囲気で会場を包んでくれそうだ。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.5/26(日)14:00 神奈川県民ホール(小)
問:スタジオ エスポワール090-2207-0031 
http://nozomi-murata.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]