【CD】マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」/小泉和裕&九響

 九響創立65周年を記念した定期公演のライヴ録音。2013年から音楽監督を務める小泉のもと、日本を代表する歌手と福岡の合唱団が多数参加して繰り広げた、「千人」の九州初演奏という、モニュメンタルな公演の記録である。だが演奏は祝祭イベントのレベルを超えている。まずは全体の設計が見事。そしてこうした機会特有の熱気や高揚感は十分に保ちながら、細部まで息づいた精緻な音楽が展開される。終始絶叫型の第1部のこまやかな抑揚も光るし、得てして弛緩しがちな第2部前半の雄弁な表現はとりわけ賞賛に値する。終結へ向かう場面は無条件に感動的。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」/小泉和裕&九響』

マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

小泉和裕(指揮)
並河寿美 大隅智佳子 吉原圭子(以上ソプラノ) 加納悦子 池田香織(以上アルト) 望月哲也(テノール) 小森輝彦(バリトン) 久保和範(バス) 九響合唱団 他
九州交響楽団

収録:2018年9月、アクロス福岡シンフォニーホール(ライヴ)
フォンテック
FOCD9805 ¥2400+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]