【CD】バッハ:オルゲルビュッヒライン/塚谷水無子

 「オルゲルビュッヒライン(オルガン小曲集)」は1713年頃、バッハが20代で編纂を始めたコラール前奏曲集。教会暦に沿った全46曲は、作曲家が転職をにらんで自己アピールを狙った、渾身の作との説も。実際に、創意工夫が随所に凝らされて、内容は濃密にもかかわらず、“讃美歌集”と地味に捉えられがち。しかし、バッハ時代から残る最大級の銘器を自在に操る気鋭の名手、塚谷水無子の手にかかれば、たちまち瑞々しい色彩に包まれる。しかも一曲ごとに、全く異なる色合いを纏って。さらに、彼女は伝承史にも目配りし、礼拝で作品を耳にした往時の人々の、喜怒哀楽や息遣いまで掬い取らんとするよう。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『バッハ:オルゲルビュッヒライン/塚谷水無子』

J.S.バッハ:オルゲルビュッヒライン BWV599-644

塚谷水無子(オルガン)

Pooh’s Hoop
PCD-1810 ¥オープン

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]