浅原由香 オーボエ・リサイタル

オーボエ界から麗しき名手が新たに登場

 昨年開催された「第12回 国際オーボエコンクール・東京」で、最高位(1位なしの第2位)を受賞した浅原由香が、「東京・春・音楽祭2019」で受賞記念のリサイタルをひらく。東京都出身の浅原は、10歳でオーボエを始め、東京藝術大学附属高校、東京藝術大学、同大学院修士課程で学んだ。
 今回のリサイタルでは、バロック音楽から20世紀音楽までバラエティに富んだプログラムが組まれている。クープランの「『趣味の融合 または新しいコンセール集』よりコンセール第5番」では和やかなアンサンブルが楽しめるであろう。指揮者として著名なアンタル・ドラティが作曲した、無伴奏オーボエのための「5つの小品」やオーボエとピアノのための協奏的二重奏曲は、オーボエ奏者にとって欠くことのできないレパートリーとなっている(前者は抜粋)。浅原の妙技を聴くには最適の作品に違いない。クララ・シューマンの「3つのロマンス」やミヨーの「オーボエとピアノのためのソナチネ」でも魅力的な演奏が聴けるであろう。
 また、オーボエの荒木奏美、ファゴットの坂井由佳、コントラバスの北村一平、ピアノの宇根美沙惠、チェンバロの野澤知子ら、共演者たちにも注目したい。なかでも、現在、東京交響楽団の首席奏者を務める荒木は、「第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢」の第1位受賞者であり、同コンクールの前回と今回の最高位受賞者の共演が実現することになる。浅原の東京春祭デビュー・リサイタルが楽しみである。
文:山田治生
(ぶらあぼ2019年4月号より)

東京・春・音楽祭 2019
第12回 国際オーボエコンクール・東京 最高位受賞記念
浅原由香 オーボエ・リサイタル
2019.4/10(水)19:00 上野学園 石橋メモリアルホール
問:東京・春・音楽祭チケットサービス03-6743-1398 
http://www.tokyo-harusai.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]