【CD】シュトラウス&フランク/瀬﨑明日香&エマニュエル・シュトロッセ

 「シュトラウスが“歌”ならば、フランクは“詩”…」と、瀬﨑明日香は言う。東京藝大からパリ国立高等音楽院に学び、日本音楽コンクール優勝など、国内外の登竜門で実績を重ねた気鋭のヴァイオリニスト。前作から約10年、満を持しての録音で「自分に最も近い作品」へ対峙した。同時期に書かれながらも、全く雰囲気を異にする2曲だが、濃密なロマンティシズムに彩られている点では共通。しかし、瀬﨑は決して感情のままに押し流されない。艶やかな美音に一筋、凛とした覇気を漲らせ、大胆かつ繊細に歌と詩を織り上げる。共演するピアノのシュトロッセも、そんな彼女の感性へそっと寄り添う。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『シュトラウス&フランク/瀬﨑明日香&エマニュエル・シュトロッセ』

R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
フランク:同

瀬﨑明日香(ヴァイオリン)
エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)

VIRTUS CLASSICS/ナクソス・ジャパン
VTS-007 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 「La Valse by ぶらあぼ」アクセス障害につきまして(復旧しました)
      on 2019/08/23 at 19:00

      2019/08/23(金)13時頃より、AWSサーバーにて大規模な通信障害が発生し、 本WEBサイト「La Valse by ぶらあぼ」が閲覧ができない状況となっておりましたが、2019/08/24(土)3時に復旧いたしました。ご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。 本対応にともない、障害の前後の時間帯にご登録頂いた一部のユーザーの方を対象に会員の再登録のお願いしております。対象となる方 [&#8230 […]