【CD】シュトラウス&フランク/瀬﨑明日香&エマニュエル・シュトロッセ

 「シュトラウスが“歌”ならば、フランクは“詩”…」と、瀬﨑明日香は言う。東京藝大からパリ国立高等音楽院に学び、日本音楽コンクール優勝など、国内外の登竜門で実績を重ねた気鋭のヴァイオリニスト。前作から約10年、満を持しての録音で「自分に最も近い作品」へ対峙した。同時期に書かれながらも、全く雰囲気を異にする2曲だが、濃密なロマンティシズムに彩られている点では共通。しかし、瀬﨑は決して感情のままに押し流されない。艶やかな美音に一筋、凛とした覇気を漲らせ、大胆かつ繊細に歌と詩を織り上げる。共演するピアノのシュトロッセも、そんな彼女の感性へそっと寄り添う。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『シュトラウス&フランク/瀬﨑明日香&エマニュエル・シュトロッセ』

R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
フランク:同

瀬﨑明日香(ヴァイオリン)
エマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)

VIRTUS CLASSICS/ナクソス・ジャパン
VTS-007 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]