【CD】メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番・第2番 他/ヤン・リシエツキ&オルフェウス室内管

 人気の若手ピアニスト、ヤン・リシエツキが前作のショパンの練習曲に続いてリリースしたのはメンデルスゾーン。どこかショパンをはじめとする同時代の他の作曲家に比べれば軽視されがちな印象があるが、このディスクではメンデルスゾーンの音楽の厳格さ、ヴィルトゥオジティ、メロディの美しさなどあらゆる面が凝縮されており、メンデルスゾーンの再評価に一役買うことになるはず。聴ける機会の少ないピアノ協奏曲が2曲揃っているのも嬉しい。エレガントな音楽運び、美しい音色が魅力のリシエツキとメンデルスゾーンの相性がここまで良いというのも新しい発見だ。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番・第2番 他/ヤン・リシエツキ&オルフェウス室内管』

メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番・第2番、厳格な変奏曲、ロンド・カプリチオーソ、無言歌「ヴェネツィアの舟歌 第1」

ヤン・リシエツキ(ピアノ)
オルフェウス室内管弦楽団

ユニバーサル ミュージック
UCCG-1833 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]