《響の森》 Vol.44 「コバケン 名曲アラカルトⅡ」

真夏に響く爽やかな名曲たち


 上野の森にあるクラシックの殿堂、東京文化会館を会場にしたコンサート・シリーズ《響の森》。44回目となる8月には、“炎のマエストロ=コバケン”こと小林研一郎が再び登場、東京都交響楽団を指揮する。

 今回は、昨年6月の「コバケン 名曲アラカルト」企画に続く、待望の第2弾。前回はオーケストラ曲としてスメタナやブラームス作品をセレクトし、またヴァイオリニストの南紫音をソリストに迎えたベートーヴェンやサン=サーンス作品などが好評を博したのも記憶に新しい。

 今回まず目を惹くのは、ロッシーニ《セビリアの理髪師》とウェーバー《魔弾の射手》ら傑作オペラの有名な序曲たち。特に《セビリアの理髪師》は同会場で6月に開催される「ららら♪クラシックコンサート Vol.5」でも“コバケン”が東京フィルハーモニー交響楽団を指揮して演奏する予定があり、響きの違いを楽しむのも一興だ。他にもチェコ・フィルとの名盤で知られるシベリウスの交響詩「フィンランディア」や折りに触れて振り続けてきたラヴェルのボレロなど、いずれも熱きマエストロの面目躍如な演目揃い。

 そして、とっておきは昨年リサイタル&CDデビュー25周年を迎え、日本ゴールドディスク大賞を受賞したアルバム『シネマ』も好調なギタリスト、村治佳織をソリストに迎えたロドリーゴのアランフェス協奏曲。作曲者のお墨付きを貰った、彼女のキャリアを代表する楽曲だけに期待が高まる。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年4月号より)

2019.8/1(木)19:00 東京文化会館
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]