第12回 トッパンチャリティーコンサート

クラシックの演奏会で識字教育支援事業に貢献


 世界的な総合印刷企業として知られる凸版印刷が、途上国での識字能力の向上を支援するため、毎年開催している「トッパンチャリティーコンサート」。第12回では、ギターの大萩康司とバンドネオンの三浦一馬による若手実力派デュオ(5/29)、そして、圧倒的な人気と実力を誇るソプラノの森麻季(6/6)、2つの公演が行われる。

 凸版印刷は1900(明治33)年に創業して以来、印刷を通じた情報や文化の普及・発展にも力を注ぐ。このチャリティーコンサートは、2008年にスタート。収益はユネスコ・アジア文化センターに寄附され、特にカンボジアの女性たちを対象として、識字能力向上のための教育支援を行う「SMILE ASIAプロジェクト」を推進させるなど、成果を挙げている。

 詩情と感性あふれる大萩。鮮烈な音楽性を迸らせる三浦。ジャンルを超越した活動を続ける2人は、何度も共演を重ねている。今回は、バルトーク「ルーマニア民俗舞曲」や三浦の編曲によるピアソラ「タンゴ組曲」からの抜粋ほかを。さらに、三浦がオークションで楽譜を“発掘”したという、このデュオ編成のためのオリジナル曲、ギュビッチ「ヴィラ・ルーロ」も披露される。

 一方、日本を代表する“歌姫”として、国内外の檜舞台で大活躍を続ける森。今回は山岸茂人のピアノを伴い、メンデルスゾーン〈歌の翼に〉やシューマン〈献呈〉、フォーレ〈夢のあとに〉、アーン〈至福の時〉などの歌曲、さらにモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》《コジ・ファン・トゥッテ》ほかオペラからのアリアまで、選りすぐりの名旋律を歌う。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年4月号より)

2019.5/29(水) 大萩康司 & 三浦一馬 
6/6(木) 森 麻季
各日19:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]