高関 健(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

充実のコンビで独墺音楽の真価を堪能

 
 いま東京シティ・フィルが好調だ。昨年末の高関健指揮の「第九」、2月の下野竜也指揮のウィーンものなど、楽曲の魅力を的確に表現した誠意溢れる好演が続いている。無類のオーケストラ・ビルダー、高関が常任指揮者に就任して4年、着実に向上を遂げている同楽団のコンサートは、間違いなく足を運ぶ甲斐がある。
 新シーズンの開幕は、高関が指揮するブルックナーの交響曲第1番を軸にしたプログラム。推進力と躍動感に充ちた第1番は、同作曲家のファン以外も必ずや楽しめる音楽だし、ブルックナー指揮者として評価の高い高関と、飯守泰次郎のツィクルスで語法を会得している東京シティ・フィルのアプローチも期待できる。さらに今回はマニアにもたまらない要素がある。それは「1868年リンツ稿、新全集版」での演奏。本作には晩年に大幅改訂されたウィーン稿もあるが、フレッシュなリンツ稿を用いるケースが多い。ただし従来の同稿も2度改訂後の版。それを作曲された当初の姿に戻したのが「新全集版」だ。これは2016年に出版された最新楽譜で、聴き慣れた方は冒頭から驚かされるであろう。なお同版使用の理由を高関に訊くと「一番良いと思うから」との由。ここはブルックナーの最初のインスピレーションをぜひ体感したい。
 前半はモーツァルトの《魔笛》序曲とR.シュトラウスの「4つの最後の歌」。二人の最晩年の境地を映す両傑作も見逃せない。後者のソロは森麻季。日本屈指のスター・ソプラノの清澄かつ表情豊かな歌唱も魅力だし、雄弁な管弦楽との絡みも聴きものとなる。充実した音楽を終始味わえる本公演、要注目だ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年4月号より)

第324回 定期演奏会 
2019.4/13(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京シティ・フィル チケットサービス03-5624-4002 
http://www.cityphil.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]