【CD】ギター・トラベローグ/富川勝智&藤澤和志&酒井良祥

 タイトルにある通り、これはまさにギターによる「旅」であり、「対話」だ。リズム、メロディ、ハーモニーを1人で操れるのが、この楽器の本来の魅力のはず。が、日本のギター界をリードする3人の名手たちは、あえてアンサンブル楽器としての可能性を追究。元より数少ないギタートリオのためのオリジナル作品を蒐集してみれば、自ずと年代は近現代に偏り、作曲家の出自は逆にワールドワイドへ。各曲が自然な形で纏う、異なる民俗色や空気感。そして、3人で呼吸を一にすることでしか生み出し得ない、“小さなオーケストラ”を思わせる、多彩な音色と奥の深い表現力。全く新たな響きへの扉が、いま開かれた。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『ギター・トラベローグ/富川勝智&藤澤和志&酒井良祥』

ファルカシュ:シタロディア・ストリグニエンシス、チャーンゴー・ソナティネ/ヒンデミット:ロンド/マルゴラ:ソナタ/ロガリョフ:奇跡の時/アルメイダ:ブラジリアンス、リオのラプソディ/チョバニアン:アララトの歌/デュアート:リバーボート組曲、スウェーデン民謡の主題による変奏曲

富川勝智 藤澤和志 酒井良祥(以上ギター)

ウッドノート・スタジオ
WNCD-1034 ¥2700+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]