クシシュトフ・ウルバンスキ(指揮) 東京交響楽団

快進撃中の指揮者と楽団の邂逅がもたらす“異次元級”の名演


 出色のパフォーマンスが続いた、東京交響楽団の今シーズン(2018/19年度)の定期演奏会。その締めくくりとなる3月定期(東京と川崎)は、クシシュトフ・ウルバンスキが3年ぶりに登場。ベルリン・フィルをはじめ世界中のトップオーケストラに客演し、現在NDRエルプフィルの首席客演指揮者を務めるなど、ますます存在感を高めている。

 しかも演目は、ショスタコーヴィチの交響曲第4番。モダニズムが集約された異様な場面の連続、大編成による激烈なエネルギーの爆発、そして全体を覆う不思議なペシミズム——作曲者最大の問題作にして、異形の傑作だ。リハーサルまで暗譜で行うほど作品に没入し、切れ味鋭いサウンドでその本質を抉り出す、ウルバンスキの指揮でこそ聴きたい大作である。東響も12月、ノット指揮でヴァレーズ「アメリカ」の“美しい爆音”による驚異的な名演を披露し、研ぎ澄まされた音響に磨きがかかっている。快進撃中の指揮者と楽団の融合で、 “熱演”という言葉を超えた、異次元のショスタコーヴィチ体験への期待が大いに高まる。

 演奏会前半は、16歳でベルリン・フィルと共演して以来、世界の最先端を走り続ける俊才ヴェロニカ・エーベルレをソリストに迎え、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」を。彼女の深い美音で名作を味わえるのは嬉しい好機。ただ、鬼才ウルバンスキとの共演となると、どんな演奏になるのかは全く予想できない。前後半の対比を含め、ライヴのスリリングな醍醐味を堪能できる公演となりそうだ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年2月号より)

川崎定期演奏会第69回
2019.3/23(土)14:00 カルッツかわさき
第668回定期演奏会
2019.3/25(月)19:00 サントリーホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]