【CD】ラプソディ・イン・ブルー〜ガーシュウィン名曲集〜 /中村均一

 1998年録音の本作、ガーシュウィン生誕120年にあたる2018年に新リマスタリングで復刻。サクソフォン・アレンジによるその作品集である。曲によって中村均一によるソロ及び彼も参加するアルモ・サクソフォン・クァルテットが吹き分け、ピアノで白石光隆が参加するトラックも。感嘆すべきは中村のコクのある美しい音色と絶妙な歌心(トラック①を)。時に大胆なアレンジを聴かせるクァルテットによる「ラプソディー・イン・ブルー」や「パリのアメリカ人」は、音域の異なる4種の楽器と4名による音楽的呼吸が完璧。胸のすくような快演とはこのことか。アレンジものと侮るなかれ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『ラプソディ・イン・ブルー〜ガーシュウィン名曲集〜 /中村均一』

ガーシュウィン:サムワン・トゥ・ウォッチ・オヴァー・ミー、ラプソディー・イン・ブルー、魅惑のリズム、バイ・シュトラウス、パリのアメリカ人、リアルト・リップルズ、メリー・アンドリュー、ポーギーとベス 他

中村均一(サクソフォン)
白石光隆(ピアノ)
アルモ・サクソフォン・クァルテット
【中村均一 遠藤朱実 松雪明 栃尾克樹】

マイスター・ミュージック
MM-4048 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]