第20回 ホテルオークラ音楽賞受賞者決定

左:岡本侑也 ©️Shigeto Imura
右:小林沙羅 ©️NIPPON COLUMBIA

 ソプラノの小林沙羅とチェロの岡本侑也が第20回ホテルオークラ音楽賞の受賞者に決定した。同賞は、将来を嘱望される音楽家の支援・育成を目的として、ホテルオークラ東京が1996年に創設。毎年2組の音楽家を選出し賞を授与するとともに、受賞記念演奏会を開催している。

 小林沙羅は、東京藝術大学及び同大学院修了。2010年から15年にウィーンとローマで研鑽を積み、12年ブルガリア国立歌劇場《ジャンニ・スキッキ》ラウレッタ役で欧州デビュー。15年には野田秀樹演出《フィガロの結婚》スザンナ役で好評を博す。天性の歌声に加え、曲にふさわしい表現を綿密に作り上げていこうとする知的な姿勢、役柄を掘り下げ表現する演技力が高く評価された。

 岡本侑也は、1994年生まれ。17年にエリザベート王妃国際音楽コンクールのチェロ部門第2位入賞。リサイタルや室内楽のみならず、世界的な指揮者やソリスト、国内外のオーケストラとも共演を重ね、第一線で演奏活動を展開している。現在ミュンヘン音楽大学大学院でユリアン・シュテッケル氏に師事。研ぎ澄まされた技巧で、自然な流れの中に豊かな表情の息づく音楽を奏で、作品に謙虚に取り組む姿勢が評価されての受賞となった。

ホテルオークラ東京
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]