【CD】Souvenirs―フランス作品集―/岡田奏

 15歳からパリ音楽院に留学、日本とヨーロッパを拠点に活動する岡田奏。デビュー盤は、フランスで磨いた感性と技術が光るオール・フレンチ・プログラム。ラモー「ソローニュのひな鳥」では品のある優美な表現で、プーランクでは生き生きとした鮮やかな音で聴き手を引き込む。ドビュッシー「沈める寺」「月の光」や、ラヴェル「夜のガスパール」では、作品や楽章ごとに色彩や温度を変えるような巧みな表現が冴える。大胆に、自然に音楽を揺らしながら、明に暗に次々と場面を転換して奏でる終曲の「ラ・ヴァルス」で別世界に誘い、アルバムは閉じられる。強く伸びやかな音楽が魅力だ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『Souvenirs―フランス作品集―/岡田奏』

ラモー:ソローニュのひな鳥/プーランク:即興曲第3番、3つのノヴェレッテ/ドビュッシー:沈める寺、喜びの島、月の光/ラヴェル:夜のガスパール、ラ・ヴァルス

岡田奏(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCT-00151 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]