【CD】Souvenirs―フランス作品集―/岡田奏

 15歳からパリ音楽院に留学、日本とヨーロッパを拠点に活動する岡田奏。デビュー盤は、フランスで磨いた感性と技術が光るオール・フレンチ・プログラム。ラモー「ソローニュのひな鳥」では品のある優美な表現で、プーランクでは生き生きとした鮮やかな音で聴き手を引き込む。ドビュッシー「沈める寺」「月の光」や、ラヴェル「夜のガスパール」では、作品や楽章ごとに色彩や温度を変えるような巧みな表現が冴える。大胆に、自然に音楽を揺らしながら、明に暗に次々と場面を転換して奏でる終曲の「ラ・ヴァルス」で別世界に誘い、アルバムは閉じられる。強く伸びやかな音楽が魅力だ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『Souvenirs―フランス作品集―/岡田奏』

ラモー:ソローニュのひな鳥/プーランク:即興曲第3番、3つのノヴェレッテ/ドビュッシー:沈める寺、喜びの島、月の光/ラヴェル:夜のガスパール、ラ・ヴァルス

岡田奏(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCT-00151 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]