住谷美帆(サクソフォン) デビュー・アルバム『プロムナード』発売記念コンサート

 「これまでいなかった本格派女性クラシカル・サクソフォニスト、ついに登場!」の惹句を見て意外な気もしたが、確かにそうだ。名手はいるがクラシック系のソリストとなれば、この住谷美帆が現れるまではなかなかお目にかかれなかった。2018年に東京藝大を首席卒業した彼女は、在学中にN響ツアーの「展覧会の絵」のソロパートに抜擢され、18年7月にスロヴェニアの国際サクソフォンコンクールで初の女性優勝者となった話題の逸材。このほどデビュー・アルバム『プロムナード』(キングレコード)をリリースし、4月に発売記念コンサートを行う。プログラムは、ソプラノからバリトンまで4本の楽器を駆使した「展覧会の絵」、超絶技巧のカデンツァを含めた速吹きで驚嘆させるショパンの練習曲、美しい歌で酔わせるシューベルトの即興曲等のCDに収録された演目をはじめ、興味津々の楽曲ばかり。共演の12年浜松国際ピアノコンクールの覇者イリヤ・ラシュコフスキーのピアノも期待を盛り上げる。高い技術はもとより、しなやかな歌い回しと稀有の表現力をもつ住谷の演奏に、管楽器ファンならずともぜひ触れてみたい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年1月号より)

2019.4/7(日)14:00 東京文化会館(小)
問:東京音協03-5774-3030
https://t-onkyo.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]