【CD】クロード=ベニーニュ・バルバトル:クラヴサン曲集第1巻全曲/西山まりえ

 古楽の精鋭集団「アントネッロ」のメンバーで、チェンバロ&ヒストリカル・ハープ奏者として活躍する西山まりえ。8年ぶりのソロ・アルバムでは、マリー・アントワネットの師としても知られる、バルバトルのクラヴサン曲集第1巻の全曲録音に挑んだ。西山は2つの音律を使い分け、歴史的資料を解析してレジストレーションにも細かな気遣いを施して響きを操る。そして、時にはデモーニッシュな表情も露わに。単に「優雅」というフランス音楽への先入観を、あっさり覆す。タスカン・モデルのチェンバロが紡ぐ、独特の音色も印象的。特に底鳴りのするバス声部が、表現に深みと凄みをもたらす。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年12月号より)

【information】
CD『クロード=ベニーニュ・バルバトル:クラヴサン曲集第1巻全曲/西山まりえ』

バルバトル:ラ・ド・カーズ、ラ・デリクール、ラ・セギュール、ラ・モンマルテル 又は ラ・ブリュノワ、ラ・ブロンニュ、ラ・カステルモール、ラ・クルテイユ、ラ・ベロー、ラ・ラマルク、ラ・ベルヴィル、ラ・リュジャック、ラ・シュザンヌ、ラ・マルゼルブ 他

西山まりえ(チェンバロ)

OMF
KCD-2063 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]