第57回大阪国際フェスティバル2019 4オケ・スペシャル〜佐渡 裕&4楽団合同オーケストラ〜

大阪“4オケ”全員が出演する圧巻のステージ

佐渡 裕 C)Jun Yoshimura

 大阪国際フェスティバルの「大阪4大オーケストラの響演」は、例年4つのオケ(大阪響、大阪フィル、関西フィル、日本センチュリー響)が腕比べをするような名物企画であるが、2019年は特別企画として、合同演奏のかたちで大作に取り組む。指揮を執るのは佐渡裕。佐渡は兵庫県立芸術文化センター芸術監督として、オペラと演奏会で活躍。高い演奏水準と旺盛な集客力で大成功に導いた。15年にはウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、さらに活動領域を広げている。佐渡はバーンスタインの弟子で、師同様、大編成の作品に滅法強い。長年にわたり毎年「1万人の第九」の名演の立役者になっているのは言うまでもない。
 今回の演目は、そんな佐渡にぴったりのホルスト「惑星」とR.シュトラウス「アルプス交響曲」。演奏者数は「惑星」110人、「アルプス交響曲」130人の予定で、4大オケ楽団員全員がどちらかで演奏することになる。基本的に重複はない。「惑星」には大阪府立夕陽丘高等学校音楽科の合唱80人が加わる。来年はシュトラウスの没後70年で、4大オケは「とことんリヒャルト・シュトラウス」と銘打って、定期演奏会などでシュトラウス作品を積極的に取り上げる。今回の「アルプス交響曲」はその目玉ともなるだろう。
 開演前30分のファンファーレ、アンサンブル演奏、プレトークや終演後のチケット・プレゼント抽選会も楽しみだ。佐渡裕と4大オケ合同の名手たちが、いかに豪華絢爛なサウンドをフェスティバルホールに響かせてくれることか、今から期待に胸が高鳴る。
文:横原千史
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2019.4/20(土)15:00 フェスティバルホール 
2018.11/25(日)発売
問:フェスティバルホール チケットセンター06-6231-2221 
http://www.festivalhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]