アプリコお昼のピアノ 10周年記念 ガラ・コンサート

三浦友理枝 C)Yuji Hori

 音大などでピアノを学んでいる学生らに発表の場を提供し、地域の方々に気軽に音楽を楽しんでいただきたいという趣旨から始まった「アプリコお昼のピアノコンサート」。過去の出演者には国際コンクール優勝者をはじめ、国内外で幅広く演奏活動を展開しているピアニストが名を連ねており、非常にレベルの高い演奏を無料で聴ける大好評のシリーズだ。今年で10周年を迎え、記念のガラ・コンサート(有料)が行われることとなった。
 今回は過去の出演者の中から特に目覚ましい活躍を見せる後藤正孝、實川風、中村芙悠子、尾崎未空、中桐望の5名に加え、大田区出身のピアニスト、三浦友理枝を迎えたスペシャル企画。全員のソロ演奏はもちろん、出演者たちがデュオを組み、モーツァルトにドビュッシー、ラフマニノフと多彩で魅力的な選曲による2台ピアノの演奏も聴かせてくれる。これだけ豪華なピアニストの共演を体験できる機会はなかなかない。ピアノの魅力を存分に味わえるこのガラ・コンサート、お見逃しなく!
文:長井進之介
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2018.12/9(日)14:00 大田区民ホール・アプリコ
問:大田区文化振興協会チケットセンター03-5744-1600 
http://www.ota-bunka.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]