第480回 日経ミューズサロン ヨハネス・フライシュマン(ヴァイオリン) & 村田千佳(ピアノ) ニューイヤーコンサート

今までにない新鮮なコンテンツのステージ

 ワルツやオペレッタだけが新年のウィーン音楽ではない。ウィーンのヴァイオリニスト、ヨハネス・フライシュマンと、ウィーンで学び、その音楽を知り尽くしたピアニスト村田千佳のデュオが贈る日経ミューズサロンのニューイヤーコンサートは、J.シュトラウスⅡはもちろんのこと、シューベルトからクライスラー、R.シュトラウスまで、さらには新作の世界初演(作曲:ヘルムート・スティピッチ)と、古典から現代まで、ウィーン音楽を自由に幅広く切り取った内容だ。4人のバレエ・ダンサーも華を添える。
 フライシュマンは1983年ウィーン生まれ。ウィーン・フィルはじめヨーロッパのオーケストラで引っ張りだこの実力派で、オーストリア外務省の音楽大使として世界中を飛び回る一方、ウィーンの伝統大衆音楽シュランメルに取り組むグループや、エレクトリック・クラシカル・バンド「Symphoniacs」に参加するなど、活動域は広大だ。村田と彼が組むこの公演、一味も二味も違ったニューイヤーコンサートになるに違いない。
文:宮本 明
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2019.1/8(火)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5281-8067
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]