ベルリン・フィル自主レーベル記者会見

左より:オラフ・マニンガー、内田光子、ローベルト・ツィンマーマン
Photo:M.Otsuka/Tokyo MDE

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の自主レーベル「ベルリン・フィル・レコーディングス」が、今秋・冬にリリースする新譜についての会見を11月5日に都内で行った。新譜はラトル指揮『マーラー 交響曲第6番』(首席指揮者としての最後の定期を収録)、ラトル指揮&内田光子独奏『ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集』、そして『フルトヴェングラー 帝国放送局アーカイヴ 1939-45』の3タイトル。
 会見には、内田光子(ピアニスト)、オラフ・マニンガー(ベルリン・フィル ソロ・チェロ奏者/メディア代表)、ローベルト・ツィンマーマン(メディア子会社「ベルリン・フィル・メディア」取締役)、新忠篤(あたらし・ただあつ)(オランダ・フィリップス・クラシックス元副社長)らが出席した。
 マニンガーはラトルとのマーラー第6番について「本当に圧倒される特別な演奏の記録です。でも、最も驚くべきことは、31年前にラトルがベルリン・フィル・デビューに選んだのもこの交響曲であったということです。本タイトルには、こちらの録音も収録されているので、31年間の我々の歩みを感じていただけるかと思います」とコメント。
 『ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集』でソリストを務めた内田光子は、新とのトーク・セッションの中で「この録音は、生演奏にしかないバイタリティーに溢れていて、少し前(2010年)のものですが、ラトルさんとベルリン・フィルとの“記録”としてリリースしても良いかと判断しました。私にとって楽譜のみが“絶対”で、演奏には“絶対”というものはないのですが、それを考慮した上でも、世に出しても良いレコーディングだと思っています」と話した。
 また、会見の最後には、山崎浩太郎(音楽評論家)と中川右介(音楽・舞台評論家)が『フルトヴェングラー 帝国放送局アーカイヴ 1939-45』の魅力を紹介した。

各タイトルの詳細は下記ウェブサイトを参照のこと。
ベルリン・フィル・レコーディングス
http://www.berliner-philharmoniker-recordings.com/
キングインターナショナル(輸入元)
http://www.kinginternational.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]