【CD】ワン ハグ フォーユー/小松原利枝

 藤原歌劇団に所属し、今後アジアでの活躍も期待される楚々とした声が魅力のソプラノ、小松原利枝。宗教曲や歌曲を中心とした名曲アルバムだが、南仏の作曲家セヴラックの親しみやすい子守唄〈私の愛しいお人形〉やイタリア系でNYのメトロポリタン歌劇場で主に副指揮者として活躍したチマーラのラヴ・ソング〈郷愁〉など、20世紀の知られざる佳曲も味わい深い。特に米バークリー大でジャズ・ピアノを専攻した後にオランダで研鑽を積んだ1991年生まれの作曲家・水谷晨による日本語歌曲〈木香薔薇〉は、ミステリアスな雰囲気の中に多彩な色彩が表現されていて必聴。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2018年10月号より)

【information】
CD『ワン ハグ フォーユー/小松原利枝』

サン=サーンス:アヴェ・マリア/モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス/セヴラック:私の愛しいお人形/水谷晨(しん):木香薔薇/ヘンデル:オンブラ・マイ・フ/チマーラ:郷愁/ドビュッシー:星の夜/ベッリーニ:優雅な月よ 他

小松原利枝(ソプラノ)
水谷稚佳子(ピアノ)

ナミ・レコード
WWCC-7877 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]