Music Program TOKYO プラチナ・シリーズ 第3回 吉野直子 & 徳永二男 〜ハープとヴァイオリン、華麗なるデュオ〜

一流アーティストたちが贈る極上の時間

 極上のひとときを堪能したい。世界中の演奏家から“奇跡の音響”と絶賛される東京文化会館の小ホールを舞台に、一流アーティストによる珠玉の名演を愉しむ「プラチナ・シリーズ」。今シーズンの第3弾にはハープの吉野直子とヴァイオリンの徳永二男、国際的に活躍する2人の名手が登場し、選りすぐりの名曲を紡ぐ。
 世界的ハーピストとして、ベルリン・フィルなど第一線楽団と共演を続ける一方、さらなる楽器の可能性を拓く、先鋭的な活動にも力を注ぐ吉野。一方、徳永はN響コンサートマスターを長く務めた後、日本を代表する名ソリストとして、さらに近年は指揮者としても、多彩な活動を展開する。
 幕開けは、バッハ(グノー編)「アヴェ・マリア」でしっとりと。シューベルト「ソナチネ第1番」やマスネ「タイスの瞑想曲」、サン=サーンス「幻想曲」ほか数々の名旋律を、このデュオだからこそ醸し出せる、独特の幻想的なサウンドで。さらに、吉野はルニエ「黙想」など、徳永もミルシテイン「パガニーニアーナ」と、ソロの佳品も披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.11/16(金)19:00 東京文化会館(小)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]