びわ湖ホール オペラへの招待《ドン・ジョヴァンニ》

意欲的な指揮と演出、フレッシュな顔ぶれで織りなすドラマ・ジョコーソ


 手ごろな価格で本格的な舞台を味わえる上、開演前には演出家による解説もあり、「初心者にも気軽に楽しめる」と好評のびわ湖ホールのシリーズ「オペラへの招待」。今回はモーツァルトの傑作《ドン・ジョヴァンニ》全2幕(イタリア語上演、日本語字幕付)を取り上げる。このところ快進撃を続ける園田隆一郎の指揮(レチタティーヴォの通奏低音も受け持つ)も魅力だが、シリーズ初登場となる気鋭の演出家伊香修吾にも注目。オーケストラは大阪交響楽団が起用された。
 イタリア人作家ロレンツォ・ダ・ポンテの台本に基づく同作は、モーツァルトが31歳の1787年、プラハで初演。稀代のプレイボーイの、恋の遍歴と悲惨な末路を劇的に描くドラマ・ジョコーソ(悲喜劇)だ。今回の上演では、タイトルロールに迎肇聡(むかい ただとし)と五島真澄、騎士長に松森治と林隆史、ドンナ・アンナに飯嶋幸子と藤村江李奈ら、びわ湖ホール声楽アンサンブルのメンバーによる、フレッシュな実力派のダブルキャストで臨む。
 「モーツァルトの、いわゆる“4大オペラ”の中で、最も捉えがたく、近寄りがたい印象を受けていたのが《ドン・ジョヴァンニ》。今回、改めて楽譜に向き合い、このオペラの手強さを感じています」と伊香。「この作品には、あえて明確に描かれていない部分もある。それを観客にどれだけ“感じて”もらえるか、挑戦したいと思います」。そして、「多様な楽しみ方が存在する昨今ですが、オペラは劇場空間でこそ、本来の魅力を最大限に発揮できると信じています。目の前で息づく舞台を楽しんでいただければ…」と力を込める。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年9月号より)

2018.9/15(土)、9/16(日) 各日14:00 びわ湖ホール(中)
問:びわ湖ホールチケットセンター077-523-7136 
http://www.biwako-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]